スクワットによる精神変化を記録するこころみ

筆者は無職なので、無気力に寝ていることが多い。

ちまたでは筋トレへの信奉が散見され、どうやらメンタル面にも影響を与えるらしいと知った。

無職で無気力なのは、死への加速が半端ないので筋トレをすることにした。

とりあえず3週間毎日やってみて、変化を記録に残すことにする。

 

ちなみに、あくまで精神面への効果を期待してのものなので、筋肉量の増加が見込める、

スクワットのみに集中してやりたいと思う。

目安として、片足スクワットを50回できる状態を目指す。

5−23

ちなみに、スクワットを選んだ理由として知人のDIYをちょっと手伝っただけでケツの筋肉が痛くなったからというものがある。

明らかに筋力不足になっているので、生活への実用的な意味でもまず足腰を鍛えたい。

 

とりあえず、必要以上に深く沈み込まず軽くスクワットを100回。

足を前後に振る、半分ストレッチの意味もある動きを100回軽く行った。

負荷は軽いので、100回という数字は別に苦しいものではない。

それでも、太ももに少し痛みが出たので今日はこれでよしとする。

5−24

筋肉が回復しなかったので、軽いストレッチで終わることとする。

5−25

多少筋肉の痛みは残っていたが、筋トレは行った。ちなみにスクワットのやり方は、一般的にはゆっくりとやるのが良いとされるが、全く面白みがないので、両手をガンガン前後に振ってバッチコイな感じでスクワットを行っている。というかこっちのほうが、腕の遠心力によって負荷を調整できるので良いのではと思う。

今まで両手に500gのペットボトルを持ってスクワットを行っていたが、負荷が弱くなってきたので、足を前後に広げる形で片足ずつに負荷がかかるようにスクワットを行った。

ちなみに精神面での影響だが、スクワット前のストレッチの時点でなんか体が軽くなっていい感じになる。体動かすの、軽くでも良いから大事だな。

5−26

筋肉の痛みがだいぶ取れてきたので、負荷をかけたいところである。しかし自重トレーニングでの負荷のかけ方は悩ましいところである。というか、重量等の明確な指標がないからいまいちテンションが上がらん。

ばっちこいスタイルのスクワットを、限界まで力強くカチアゲながらやると、数回で太ももが限界になった。時間もかからんからこりゃいいわ。

ちなみに、メンタル面の話で言えばスクワットと関係ないが、こういう文章考えたりのちゃんとした思考を要する行動は朝起きたとしても日が沈んでからじゃないとやる気になれないということが分かってきた気がする。

仮に無職になって自由時間が増えたとしてもその分有益な行動ができるとも限らないのだな。ある程度ルーチンワーク的なタスクも作っておかないとだな。

5−27

太ももの回復を待つため今日はストレッチに留める。

しかし、朝イチで軽く体を動かすだけでもその日の活力が変わってくる感じがしたので、ダラダラするのはダラダラを助長してるな。

5−28

インサイドキック的に足をプラプラさせてストレッチをしているのだが、痛かったケツ筋にいい感じに響いてくる。

痛かったのはケツ筋だけど、実際には膝裏の筋肉の柔軟性のなさが原因だったようだな。

軽く何回かスクワットしてから、クソ全力で10回スクワットした。十分筋肉痛になるのでこういう負荷のかけ方で良いやろ。

5−29

太ももに痛みが残っていたので、軽く動かす程度に収めた。

こういうふうに、簡単に行動履歴を残すだけでも三日坊主になりづらいなあと実感しつつある。

5−30

今日も若干痛みが残っているので軽いストレッチに留めるとする。

なんとなく太ももが太くなっているような気がしないでもない。

現状種付けゴブリンみたいな足だから、種付けオークみたいな足になりたいなあ。

5−31

20回ほど高負荷で行なった。

前回と違う部位が傷んだので、やはり超再生は進んでいるなと言った感じだ。

なんだかだるい気分だったのだが、スクワットをしたら多少前向きな気分になった。やはり朝イチでちょっと体動かさないと一日暗い感じになるな。

6−1

今日はめんどいんでやらん

6−2

今日もだいぶ寝たが、まあ昨日までよりは調子は良い。スクワットはYouTubeでおすすめされていたやり方で50回行った。

十分しんどかったので明日からもこの方法でやろう。

6−3

昨日と同じく50回行った。というか謎の睡魔が大きかったので、スクワット以外にも散歩とかしたほうが良いかもなあ。まあしないんだけど。外は出たくない。

6−4

昨日と同じスクワットを100回行おうとしたら40回で飽きたので辞めた。というか同じ方法でやると飽きるので色々やり方変えていこうかな。仮に最善効率のトレーニング方法があろうとも飽きたら無意味なので。

6−5

最近あまり筋肉痛になりづらくなっていたが、足を開き目でスクワットをすることで、負荷部位をかなり変えられることに気がつく。30回程度でもう無理。

自分のケツを叩いたときの重量感が明らかに増してきた。

6−6

めんどくさいので50回程度軽くスクワットをするにとどまった。

6−7

そういえば、ケツの痛さがなくなっている。肩こり腰痛は作業の大きな支障になるもので、なおかつ筋トレで解消できる。やはり筋トレは生活の維持のためにある程度は必要だな。ランニングとかと違って短時間で終わるので良い。

右足側面部の意味分からん部位の筋肉が、痛いのか痛くないのか意味分からん痛みかたをするので今日はやらない。

6−8

ケツから、足への側面部の痛みがありそうなので、軽いストレッチに留める。

6−9

頭が痛いのと、面倒故に軽く行うに留める。

6−10

50回行なった。ある程度筋肉がついたせいで負荷をかけづらく、筋肉の負荷より息切れが多くなることによってあまりおもしろくない。

ホントは一日10回ぐらいで終わるような負荷をかけたいんだよなあ。

6−11

ケツに響かせる感じでやったら、数回でピキピキになったので良き、

部位を分散させた方が、すぐにトレーニングが終わって良いね。筋肉量を増やすことだけが目的なので。

6−12

10数回ケツに響かせる感じでやった。やってる最中は負荷不足かなと思うのだが、終わると謎の痛みが来る。ちなみにこの企画を始める前にケツが痛くなっていたという部位と同じ部位が痛むので、この鍛え方はかなり実用的かも知れない。

というか腰痛にすらなった。でも腰痛の原因がメンタルの可能性もあるのが厄介なところだ。メンタルは筋肉にも影響するからな。

6−13

腰痛気味なので今日はやらん。

今日で3週間がたった。

精神面での変化はよく分からん。

ただ、一つ思ったのは今日で3週間経って一応毎日やるというルールからは解き放たれたが、そう思ったときに、名残惜しくなったんよ。

この、やらないことが名残惜しい、という感覚が習慣化っていうことなんだろうって完全に腑に落ちた。

なおかつ、やっぱり3週間黙ってやれば、人は何にだってなれるなという確信を持ったね。

コメント