住む場所が3つある

最近、住む場所に悩んでいる。

 

会社員時代、あの頃は会社の寮やアパートに住んでいた。

普通である。

 

私は現在無職なのだが、なぜか無職になってから、住む場所の選択肢が増えた。

現在使用できる住居が3つある。

無職なのに、住む場所が3つある。

自分の体はひとつなのだが3軒ある。

 

一つは、普通のアパートを契約している。

ここは、事故物件で、家賃が通常の半分で住めるということだったので、反射的に契約した物件だ。

見晴らしもよく、壁も分厚く騒音もないので気に入っている。

これが基本的にはメインのホームなのだが、最近はあまり帰らなくなってきた。

 

もう一つは、山奥に別荘を持っている。

80万円で買ったものだ。

しかし水道が通っていない。

近くに沢があるので水を引けば定住できるだろう。

しかし、今の所そこまでの投資をする意欲が沸かないのであまり使用していない。

いつかは整備して住みたいと思っている。

 

もう一つは、知人の使っていない家を整備する代わりに寝泊まりを許されている。

作業の関係上、最近はここで寝ることが多い。

 

さあ選択肢がある。

どこに住むべきなのだろうか。

自分の中では、より活動的になれる場所で暮らしたいと思っている。

せっかくの無職なのだ、前向きに活動的に暮らしたいし、行動量が増えればお金にもつながるかもしれない。

 

だが、自分の中でどこが最善なのか分からない。

アパートにひきこもっている時は、体力が無限に回復して調子が良かった。

別荘は周囲に隣家がないので、音を出し放題だし面白いかもしれない。

知人宅は、人の往来があって、刺激がある。

案外、一長一短だ。

 

迷っているいうことは、つまり大して違いがないということだろう。

この選択肢の中に実家があれば、絶対に除外していただろうし。

 

結局の所、それなりの場所で妥協して、やる気は気合でなんとかするのが一番良いのかもしれないな。

コメント