心配性で会社を辞める

私は無職なのですが、去年までは普通に働いていました。

実は10年近く正社員をしていたのです。

 

無職を選んだということで、楽観主義者のイメージを持たれるかもしれませんが、私は超絶悲観論者です。

超心配症の人間です。

 

私の勤めていた会社は、売上高が数兆円あり、福利厚生も良いホワイト企業でした。

ですが、私はまあ近いうちに危機的な状況になるだろうと思っていました。(現状なってません)。

自分の周りの従業員は、「大企業に入れた、安泰だ」というようなメンタルで働いているように見受けられました。

私は、それが会社組織の終焉を暗示していると思っていました。

 

今は無職ですが、フットワークが軽く、時代の変化にも対応しやすい立場なのではないだろうかと思っています。

経済の衰退と、年金の崩壊によって、普通の人はすべて困窮するでしょう。

悲観主義者の自分はそう思うのです。

だから自分は普通から抜け出すことにしました。

 

人生何が待ち受けているかわかりません。

ただ一つ分かることは、いわゆる普通の人生は破綻するということでした。

 

だから消去法で無職をしています。

コメント