最高に売れるコピーライティングバイブル

メモ


コピーライティングスキルとは?

「売れること」

良い文章を書くことではない。


人が物を買うのは、

「感情が動いた時」

感情を動かして、行動してもらう。


お客様の3つの壁

100%見ない聞かない。

100%信じない。

100%行動しない。

その壁を一つずつクリアするのがコピーライティング。


見ない壁、聞かない壁を破るためのパートは

キャッチコピー

サブキャッチコピー

オープニング


キャッチコピーには

メリットをイメージさせる

具体的な数字

興味

反社会性

の要素を入れる、どんな手を使ってでも次を読んでもらう。


オープニング、最初に読む文章

とにかくココで出し惜しみせず有益な情報を提供する。


信じないの壁を突破するには

知っている人になる。

共感を得る。悩み敵疑問体験不安を共有する。

その上で、その解決策(商品)を紹介する。

知り合いに勧めるように、有益な情報を共有するという気持ちで。

値付けの背景も包み隠さず正直に話す。他の商品との比較、商品開発のコストや時間。嘘はつかない。人のためとか言わない。

信じないのかべと取っ払うには、とにかく自分をさらけ出すこと。


行動しないの壁

お客様が行動しない理由をすべて取り除く。

限定姓 人数 数量 期間 特典 金額 場所 をだす。

なぜ限定性で買うのかと言うと、チャンスを失うのが怖いから。

また価格を伝える。

お客様がなんで?と思いそうなことは全て説明する。こんな事は分かるだろうは禁句。

返金保証をする。なおかつ、具体的な対応を説明する。「満足頂けなければ3日以内にあなたのもとに伺って説明します。それでも納得頂けない場合全額返金いたします。」


追伸を書く。

ページの最後だけを読む人がいるから。

追伸で伝えたいことを改めて書く。

改めて 限定性 価格 保証 の説明をする。

意外としつこいとは思われない。改めて行動するリスクの無さを説明する。

 

 

コメント