自分のリアルタイム位置情報をネット上に公開する方法

自分の現在位置を公開したい。

そんなふうに思うこと、誰にでもあるはずです。

現在私がやっている方法を紹介します。

グーグルマップよりルナスコープ

自分のリアルタイム位置情報をネット上で公開するには、スマホのGPSを利用する方法が最適です。

(自分の位置というよりは、スマホのリアルタイム情報となりますが…)。

グーグルマップにも近いサービスがありますが、あちらは私が調べたところによると、制限時間等があり、「自分の位置情報を常時垂れ流す」といった運用はできないようだったので、他のサービスを探すことにしました。

結果として、私はルナスコープ(Lunascope)というアプリを使用することにしました。

導入の流れ

ルナスコープ
子供の見守りなど、家族での位置情報共有が簡単にできます。アプリだけでなく、PCブラウザからもスマホの位置を確認することもできます。GPSの位置情報共有をするなら無料で使えるルナスコープがおすすめです。

まずは上記URLに、スマホからアクセスをし、「ルナスコープ」のアプリをダウンロードしましょう。

登録を行い、自分の位置情報がルナスコープのアプリに表示される状態にしましょう。

次にPCからhttps://lunascope.io/にアクセスし、ログインを行いましょう。

ログインを行った後、サイトの「ウィジェット」という項目をクリックし、「埋め込みタグの取得」を選択しましょう。

取得したタグ(アルファベットの羅列)を自分のウェブサイトにそのままコピーペーストすれば、自分のリアルタイム位置情報を常に公開することが可能になります。

使用感

稀に位置情報が全く違う地点になることや、表示がされないなどの不具合に遭遇することがありますが、放っておけば治りました。

意外と、タイムラグもなく、また自分の1日の移動履歴も確認することができるので、旅行などにも最適かもしれませんね。

位置情報を公開するメリット

位置情報を公開するメリットですが、第一にスマホを無くしたときに、どこにあるのかがすぐに分かるという事が挙げられます。

実際に、一度スマホを置き忘れたことがあり、近くの友人に当サイトにアクセスしてもらって、スマホの位置がわかるということがありました。

なんで公開したの?

当サイトのメインコンテンツである、筆者のリアルタイム位置情報公開サービスですが、「自分の信頼度を上げる」という目的で運用されております。

私は残念ながら、無職ゆえに社会からの信頼が非常に低い状態となっております。

そのような状態で、自分の情報を隠し、コソコソと暮らせばどうなるでしょうか。

私は社会から、犯罪予備軍のように見られることでしょう。

隠し事のある無職はテロリストと同等見られても文句が言えません。

社会と同調し、生きやすく暮らすために、私は自分の位置情報を公開しています。

トラブルはないの?

トラブルは今の所ありません。

ある意味で言えば、トラブルがないからこそ、公開していると言えます。

自分の位置情報を晒して、トラブルになるような人間は、そもそも社会からの観測があるということですし、つまり社会的信頼があると言えます。

私は知名度の低い無職ですので、積極的に社会から観測されることはありません。

トラブルが起きればそれは社会から認められたことになり、むしろ喜ばしいことだと思います。

みなさんも怖がることなく、位置情報を公開してはどうでしょうか。私は責任は負いませんが…

 

隠し事の

ある無職は…