論理的に考えると、うんこはしないほうが良い

ある時、俺のもとに天使が舞い降りた。

 

天使は俺にアドバイスする。

「うんこをやめなさい。」

「汚らしく、無意味な行動だわ。」

「なぜそんなことをするの?その時間を他のことに使えば良いのに…。」

 

天使は、天使だからうんこをしないのだ。

だから俺の気持ちなど分かりようもない。

 

「うんこをやめることはできません…。」

俺には、そう答えることしかできなかった。

 

天使は呆れた顔で、

「私がこんなに的確なアドバイスをしたのに、結局行動しないならあなたが成功することなどありえないわ。」

そう言い残し、去っていった。

 

いかに不合理であろうと、俺はうんこをやめることはできない。

俺は、不合理さとうんこを内に秘めながら生きていくしか無いのだ。

 

人類が、お互いのうんこを認めあうとき、真の平和が訪れるのであろう。

コメント