講釈をたれない 身なりを工夫する

人の行動は「影響力の行使」という側面でほぼ分析することができる。

影響力とは、「自分の言動で他人を動かす力」である。

他人を動かすことは、大きな快楽になる。

俺は心理学とか分からんけど、多分そうだと思う。

他人にアドバイスをして、他人がそれに従ったとしたら嬉しいし、

逆に、アドバイスを無視されたら嫌な気持ちになると思う。

 

最近コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船にどこかの教授が乗り込んで追い出されるという出来事があった。

どうやら教授は権限が無いにもかかわらず、乗り込むやいなや周囲に口出しをして追い出されたそうだ。

教授はその後、クルーズ船の対応への批判の動画を公開し話題になった。

この件は完全に「影響力の行使」の話で説明でき、自分が影響力を行使できると思ったのにできなかったから怒ったという、典型的な例だ。

 

お金とは、影響力そのものである。

教授の怒りは、お金を失ったときの怒りと同じで、

「お金が得られると思って行動したのに、お金が得られなかったので怒った。」

「影響力を行使できると思ったのに、できなかったので怒った。」

という感じで、「お金」と「影響力」という単語は入れ替えても意味は変わらない。

お金のない苦しみとは、影響力のない苦しみと同じ感情なのだ。

 

影響力のない人間は、お金を出さないと他人を動かすことができない。

逆に、影響力のある人間は、自分の行動で他人のお金を自分のものにすることができる。

影響力の行使は快感である。

だから、影響力と同じ意味を持つお金というものに魅力を感じるのだが、実はお金をどれだけ集めたとしても、影響力を行使できるチケットが増えただけで、自分の影響力が増したことにはならない。

 

影響力は、

  1. 直接的な影響力
  2. 間接的な影響力

の2つに分類することができる。

 

直接的な影響力とは、「①金銭の授与②論理的正しさ③脅迫、嫌がらせ」である。

①お金を渡せば多くの人は動くが、自分のお金は失われる。

②教授のクルーズ船の件でも分かるように、人は論理的正しさでは中々動かない。

③脅迫、嫌がらせは確かに人を動かすことができるが、人に嫌われ影響力は下がってゆく。

 

間接的な影響力とは簡単に言うと「人間的魅力」である。

美少女は、他人から無償で助けられる可能性が高いし、

人を楽しませられる人は、お金を集めてイベントを開いたりもできるだろう。

 

インターネットを見ていると、直接的な影響力の行使を繰り返すことで自分の影響力を確認しようとする人が多い。

お金をばらまいてフォロワーを増やしたり、世の中の問題に苦言を呈して自動的に社会が良くなることを求めたり、有名人に嫌がらせをして反応を得ようとしたり、クレームで他人のイベントや作品を取り下げさせたり…

これらの行動は、影響力がそもそも行使できなかったり、長期的に影響力を保つことができないものばかりである。

もし、自分の影響力を高めたいのなら、「間接的な影響力」を高めるべきだと思う。

自分の生き様、自分の人間的魅力によって、間接的に影響力を行使するのが一番効率が良いと思うし、モチベーションも保ちやすいのではないだろうか?

講釈を垂れ流して、人が動くと思うな。
まずは身なりを整え、美少女的であれ。

以上。

 


 

その他、「影響力(反応)=お金」という視点で見ると面白いものメモ。

1.スーパーチャット

You Tubeライブでは、金を払ってコメントをすることができる。

コメントを配信者に読まれるというのは、視聴者目線で配信者に影響力を行使できた事になり、快感になる。

だから、より確実にコメントを読まれるために、金を払ってまでスーパーチャットを行うのだ。

2.リアクション

生配信では、コメント読みが人気の秘密だと思う。

コメントをした人は、コメントを読まれれば自分の影響力の行使に成功した形となり、気持ちよくなれる。

さらに、オーバーリアクションでコメントを読まれた場合、その喜びは大きなものになると思う。

だからこそ、コメント読みをオーバーリアクションで行う配信者ほど人気が出やすい。

3.リアクション

助けられた時にオーバーリアクションで喜ぶ人ほど、他人から助けられやすい。

オーバーリアクションとは、それだけ大きく動いたということであり、そうさせた人は自分の影響力を確認できるからだ。

ネットでも、イラストなどを募集した時、オーバーリアクションで喜んだり褒めたりすると、それを見た他の人もその募集に乗ってくるようになり、最終的には一流のイラストレーターまで乗ってくるようになる。

だからこそ、しょぼい事で喜ぶかどうかで、その後の人生に大きな影響が及ぶことになる。

4.他人の言うことを聞く

人の言うことを聞くということは、他人に影響力を行使する快感を味合わせることなので、お金を渡すのと同じ効果がある。

だから、その言葉が正しいかとか自分の意志はどうだとかは抜きにして、素直に言うことを聞きまくったほうが、他人に恩を売る形になり物事がうまく行きやすくなるかもしれない。

5.よく笑う

人の話を聞いて笑うというのは、お金をばらまいているのと同じことになる。

正直他人を笑わせるより大事かもしれない。

賢い返答とか考える前に、とにかく笑いまくったほうが良いだろう。

6.話しかけない

影響力という側面で言うと、話しかけるより話しかけられたときの反応のほうが重要になってくる。

話しかける人は他人の為に話しかけたと考える場合が多いが、実際は相手の反応が欲しいというエゴの場合も多いのではないだろうか?

話しかけるよりも、話しかけられた時に気持ち良い反応をすることで、周りの人に話しかけられる人間を目指すべきだろう。

7.オヤジギャグ

つまらないギャグで笑いを求めることは、金を奪うことと同義だ。

他人を笑わせたいのなら、まず自分が笑うことだ。

 

コメント