雨の日は寿司!

以前住んでいた場所には、会社帰りにアオキスーパーというスーパーが有り、非常に気に入っていた。

当時は会社を辞める直前ということもあり、非常に精神的にキテいた時期だったが、私はアオキスーパーのおかげで救われていたところがある。

アオキスーパーでは早い時間から弁当が半額になり、しかも売れ残りの種類も多かった。

私は大いに満足して、アオキスーパーでの買い物が一日の楽しみになっていたのだ。

品揃えも自分好みで、バヤリースのオレンジジュースが、お子様ランチのオレンジジュースぽい感じで非常に気に入っていた。

 

それから引っ越しをした。

引っ越しをすると、新たな生活システムの構築をしなければならない。

特に食料の調達は常に最適化の余地のある、永遠の課題だ。

ここには大好きだったアオキスーパーは無い。

引っ越しは常に不安との隣合わせだ。

しかし幸運にも、新たな居住地には、100円ローソンと業務用スーパーがあったのだ。

これは、神の思し召しだろうか。

100円ローソンは、24時間営業で常に欲しいものを安価で手に入れることができる。

スーパーよりも単身向けのラインナップが充実しており、冷蔵庫がない自分としてはすぐに飲み干せる500mlのパック飲料には非常に助けられた。

業務用スーパーでは、今までの価値観を覆されるようなラインナップに溢れており、常に好奇心を刺激された。

 

それから更に更に引っ越しをした。

現住所にはスーパーが一つしか無いことは、引っ越し前から分かっていた。

選択肢が少ないということは、リスクも大きいということだ。

自分はそのスーパーに生活を委ねる他無いのだ。

しかし、その不安は吹き飛んだ。

そのスーパーにも、半額の弁当が売っていたのだ。

しかし売り切れが多く、いつでもありつけるわけではなかった。

そういう点ではアオキスーパーには遅れを取っているかも知れない。

しかし、なんとこのスーパーは遅い時間になると弁当類の値段が3分の1になるのだ。

驚異の66%オフである。

当然なかなかありつけるものではないが、私は法則を見つけ出した。

雨の日には必ず弁当類が売れ残るのだ。

雨は本来、良い気分になるものではないが、私にとっては天の恵みだ。

雨の日には決まって3分の1の値段でよく寿司や刺身を買う。

これが非常に嬉しいのだ。

別に寿司ぐらい、買おうと思えば買える。

しかし、そこに値段が3分の1であるという事実が乗ることにより、その喜びは何倍にも増すのである。

現在は無職だが、会社員時代より明らかに生魚を食べる機会に恵まれているような気がする。

寿司はかなり好きな部類である。

しかし、貧乏性の自分が定価で寿司を買うことなど、どうあがいても精神的に出来なかったのだ。

思いがけない機会を与えてくれるスーパーには感謝している。

 

引っ越しは不安なものだが、その地域地域で魅力があるものだと感じた。

小売業界の営業努力には頭が上がらない。

 

しかし、そんな小手先の安さに飛びついて喜ぶより、金持ちになって良いものを良い値段で買えるおじさんになりたい自分なのであった💩

コメント