食べないとうんこが出ないのがつらい

自分は、あまり食事をしない。

 

食事は、噛むのが疲れる。

用意するのが疲れる。

お金がかかる。

だから食事が嫌いだ。

 

美味しいものは食べたくなることもある。

でも、美味しいものは大抵値段も高いので、結局食べられない。

 

野菜を食べると、うんこがよく出る。

それは分かっている。

でも野菜を買うとお金が減るのが嫌だ。

 

もやしとか、冷凍ブロッコリーは安く買える。

しかし、飽きる。

こういう、節約思考の食事は、冬の間は我慢できるのだが、夏になるとだめだ。

夏バテになると、食欲がなくなる。

だから、経済的に選んだ食事は、食べれなくなる。

夏は、美味しいものしか食べられなくなる。

 

自分は毎朝プロテインを飲むという生活をしていた。

プロテインは、安く手早く、不足しがちなタンパク質を摂れるから良い。

だが夏になると、夏バテによって、受け付けなくなってしまった。

 

健康に暮らし、気持ちよくうんこをするためのノウハウは溜まってきている。

しかし、夏バテになると、そのノウハウを実行できない。

夏になると。刹那的に、そのときに食べたいもしか食べられなくなる。

素直に感情に従って食事をすればいいのかもしれない。

でも自分は貧乏性で、無職で、食事に金を使うことにものすごい拒否感がある。

会社員をしていても、食費への嫌悪感がかなりあったので、無職の今となってはなおさらだろう。

 

最近は涼しくなってきたので、まずい飯でも食べられるようになってきた。

夏の間に乱れに乱れた食生活。

ここから巻き返していこう。

ノウハウに従って食事をすれば、うんこも安定するはずだ。

当分は大丈夫だ。

そして、来年の夏までにはある程度金を稼げるようになって、刹那的な食事を許せる男になりたい。

コメント