黄色い炭酸飲料が好き


黄色い系の炭酸飲料が好きです。

ビタミンが入っているのでお得な感じがするのです。

 

ジュースを買うとき、様々な選択肢があります。

私は、ついついコスパで選択してしまいます。

「水は栄養無いからコスパ悪いな…。」

「サイダーは砂糖しか入っていないからな…。」

「CCレモンはビタミンCが入っているからコスパ良い。」

とかそういう目線で考えてしまいます。

飲みたいものを、素直に選択できないのです。

 

コスパで考えると、ついつい黄色い色の炭酸飲料に手が伸びます。

  • カロリーが高い
  • ビタミン・ミネラルが入っている
  • カフェインが入っている

など、多くの成分が入っているので、

「同じ値段だったら、こっちを買うか」と感じるのです。

 

最近とある黄色い炭酸飲料を好んで飲んでいたのですが、下痢になるようになりました。(はじめの数本は下痢にならなかった)。

黄色い炭酸飲料は、成分の複雑さゆえに、銘柄によっては体質に合わないこともあるのです。

 

下痢になるということは、体がそれを拒否しているということです。

食品として受け入れる気がないということなのです。

ですが、

 

私はまた同じものを買ってしまったのです…!!!

そして飲んで、また下痢になりました。

 

これは大変な問題です。

なぜ、下痢になる食品を買ったのか。

下痢なってなお、成分の多さで選択したのです。

 

自分の腸よりも、ラベルの情報を重視しているのです。

これほどの自分への裏切りは他に無いでしょう。

 

自分は、体感より情報を信じている。

 

この事に気が付きました。

しかし、体感以上の真理情報などありません。

人生がうまく行っているか、幸せに暮らせているか、全て体感で決まります。

情報を重視すれば、

進学校に行って良い大学に入って、留年せずに卒業して、いい会社に就職して、昇進して、結婚してマイホーム立てて子供も生んで毎年海外旅行に行って、子供はもちろん優秀でなんの問題も起こさず、良い大学に入って、いい会社に入り、自分は退職金をもらって年金で暮らして、宝くじも当たる。

というありふれた人生でしか幸福感を味わえません。

体感を否定すれば、「何はともあれ、自分は幸せだ」と思うことができずに、他人との比較や社会的立場でしか自分の人生を測れなくなります。

 

会社を辞めて無職になった俺が、未だに情報を重視していたなんて…

黄色い炭酸飲料に、自分の愚かさを教えられました。

 

下痢になった食品を、再び買うなんて行動、もう2度としない。

腸に誓ってな。

コメント