2回目の水風呂は楽

久々にスーパー銭湯に行きました。

夏の間は行っていなかったので、数カ月ぶりの湯船です。

水風呂に入りました。

 

水風呂と風呂に交互に入ることを「交互浴」と呼びます。

自律神経が整って、ぐっすり寝られる効果がありますが、私はそもそも寝すぎて困っています。

昔は交互浴にハマっていたのですが、ぐっすり寝られることがデメリットになっていたので、水風呂を避けていました。

今日は久々のスーパー銭湯ということで、交互浴を2回行いました。

 

まず適当に体を洗ったり、風呂に入ったりします。

のぼせてきたら水風呂に入ります。

正直、水風呂は苦痛です。

冷たいので、苦痛です。

でも、体育座りでじっとすると、案外耐えられます。

だるいな、と感じたら水風呂から出て、一気に大浴場に入ります。

 

大浴場に入ると、血流が増加します。

手足の冷え切った血液が体中に回り、熱い風呂に入っているのにもかかわらず、内臓は寒いという、変わった状態になります。

不思議な感覚ですが、これが健康に良いのかは正直わかりません。

でも多分この温度差が、自律神経を整えているのかもしれません。知らんけど

 

交互浴の1巡目は正直あんまり良いものでもありません。

真価は、2度目の水風呂から始まります。

大浴場で、のぼせたら2度目の水風呂に入ります。

正直入るとき、「あー寒そうだな」と感じますが、我慢して入ります。

ここで、不思議な現象が起きるのですが、2度目の水風呂は全然苦痛じゃないのです。

むしろ、「一生入れるわ」っていう気分になります。

これはホント不思議です。

これが自律神経が整っているっていう状態なのかもしれません。

普通に寝ようと思えば寝れるっていう感じです。

その状態でずっと水風呂に入っているのは気持ち良いです。

ただそれが、健康に良いのかは分かりません。

水風呂が嫌いな人も、2回目の感覚を味わえば、好きになるかもしれません。

 

今日は交互浴を2巡に留めました。

過去に3巡入ったとき、知らないうちに6時間経っていた事があり、3巡目は自分的に覚悟が必要なのです。

 

水風呂に入ると、のぼせがリセットされて、無限に風呂に入れます。

良い温泉に行ったとき、交互浴すると長く楽しめておすすめです。

コメント