4000円の電気針脱毛機で永久脱毛する試みメモ

メモを残していく。

2−7

アメリカのAmazonから約50ドルで購入した。

約3週間で届いた。

 

※最初にやったこと。

  1. プローブの持ち手部分に銅線を付ける。
  2. ブザーの音を。

①針先を毛根に挿入

②プローブを塩水で濡らした指で持つ

基本的に、この2つを満たせば電流が流れる。

上手く条件を満たし、回路の抵抗が下がれば、自動的にブザーが鳴りつつ電流が流れる。

  1. 指をわざわざ塩水で濡らしたくない。
  2. 自分のタイミングで電流を流したい。

という理由から、プローブに銅線をつけることにした。

以下略…

 

2−14

一回ごとに肌に水分を補給したほうが良さそうだ。

電気分解が目的なので当然といえば当然だが…

水分が無いと、皮膚を焼いているような状態になることがある。

水分があると、毛穴から泡が出て電気の効果が分かりやすい。

 

肌に水を垂らしても、毛根まで水分が行き届かず、電気分解が微妙な気がする。

冬なら入浴してある程度汗ばまないとダメかもしれない。又は夏まで待ったほうが良いかもしれない。

 

2−15

水分と電気分解の関係性

水なし:皮膚が白く焼かれるように変化

毛根以外がジェルで纏う:毛根に水分がない

毛根部のみにジェルが纏う:成功 毛穴から分泌される水分が電気分解されている

 

やはり夏になるまで待つことにする。一旦この計画は保留だ。

 

 

 

 

 

 

コメント