ガチホコはどうすれば勝てるのだろうか

筆者はスプラ2のXランクに上がりたい。

どうすればガチホコで勝てるの考えてみた。

簡略化

ガチホコについて、ステージを簡略化して考えてみることにした。

中央からゴールまでホコを運ぶのに「12秒」かかる。(ステージによる)。

ガチヤグラでは45秒程度だったことを考えると、非常に短い時間だ。

デスからの復帰に10数秒かかると考えると、敵全員がデスした場合、その時点で勝負が決まることになる。

こう考えると、ガチヤグラに比べてすぐに勝負が決まりそうな感じがするが、

  • 高所でかつ弾を避ける棒があるガチヤグラより、ガチホコはデスしやすい
  • ホコを失った時に、ホコバリアが発生し一旦戦況が止まるため、防衛側がデスから復帰しやすい
  • ホコを持って、ステージから落ちれば一瞬でホコを中央位置まですぐ戻るため、戦況の仕切り直しが容易

といった理由で(多分)、何だかんだですぐに勝負が決まったりしない。

とは言え、それでも他のルールに比べて、ガチホコはワンチャンで勝負が決まることが多いと思う。

勝つ条件

ガチホコで勝つ条件は「12秒間、ホコ持ちへの攻撃を排除する」ことだと思う。

基本的には、ガチヤグラでの勝ち方と変わらないと思う。

「ホコ持ち」よりも前線に立って、敵と積極的に戦う動きが必要だと思われる。多分

ややこしい

ただガチヤグラと違い、ガチホコはホコ持ちのプレイヤーがルートを自由に選ぶ事ができる。

そのため、統率を持ってガチホコを守るのはなかなか難しい。

ホコ持ちが勝利に与える影響が大きい

前線でどれだけキルをとっても、ホコ持ちが変な動きをすればカウントは進まない。

逆に、ホコ持ちが一瞬のすきを突いて、ノックアウトすることもある。

ガチホコは、ホコ持ちの技術が勝利に直結しやすい気がする。

【S+48】野良ガチホコ20連勝するひとでなし~史上最弱のカンスト勢を目指して⑦

上記の動画では、ほぼホコ持ちにだけ集中し、S+50を達成した人による解説を見ることができる。

実際にこのようなプレイヤーがいることからも、ガチホコは「キルよりムーブ」が重要だと言えるのではないだろうか。

 

ガチホコでは勝つための方向性として

  • キル取りまくる
  • ホコ持ちを極める

の2つが考えられる。

 

「キルを取りまくる」というのは、普遍的にどのルールでも有効な手段だが、筆者には解説できない。

今回は、ホコ持ちについて考えていこうと思う。

芋るのか、突撃するのか

ガチホコを持った時、ガチホコショットでキルを狙うか、とりあえずカウントを進めるのか、悩みどころである。

ガチホコで勝利する条件は、「12秒間、ホコ持ちへの攻撃を排除する」ことだった。

 

例えば、味方3人と敵3人が相打ちでリスポーンにいる時、ホコ持ちはどう動くべきだろうか?

仮にガチホコショットで残る敵一人のキルを狙うとする。

その場合、ガチホコショットに一発2秒ほどかかることを考えるとを多分7発以内にキルできないと、リスポーンにいた敵味方がホコ付近まで復帰することになる。

ガチホコのキル性能が半人前だとすると、全員が対面した場合「4対3.5」の戦いになってしまうので、ホコを持っているチームは不利になってしまう。多分

 

ゴールへ最短12秒で到達できることから、一発ガチホコショットを打つ時間があれば、ゴールまでの15%の距離を移動することができる。

図のような状況ならば、残り一人の敵から逃げながら、少しでもホコを進めたほうが良いと思われる。

 

もちろん、敵よりも味方の復帰のほうが早い場合は、その場でガチホコショットを連発しながら、味方の到着を待つのも良いと思う。

 

ガチホコは最短で12秒で終わるスピード感のあるルールだ。

筆者的には、ガチホコショットで牽制するよりも、突っ込んでワンちゃんを掴むほうが好きだ。(勝てるとは言っていない)。

コメント