ガチヤグラはどうすれば勝てるのか

筆者はスプラ2でXランクに上がりたい。

今回はガチヤグラについて考えていく。

簡素化

ガチヤグラのステージを簡素化して考えていこうと思う。

長方形のステージに、直線的なヤグラのルートがあるとする。

初期位置のヤグラが、ゴールまで行くのにかかる時間は大体45秒だ。(ステージにより異なる)

勝つ条件

ガチヤグラで勝つ条件は「45秒間連続して敵をヤグラに近づけない」ことだと思う。

一キルで10数秒相手を行動不能にできると考えると、「連続して相手を3回オールキル」すれば確実に勝てると言える。

しかしオールキルは狙ってできるようなものではないし、実戦でも頻繁に起こることではないだろう。

ガチエリアとの違い

ガチエリアでは、相手を1キルできれば、味方チームの塗り能力が相手を上回るのでエリアを確保しカウントを進めることができる。

しかしガチヤグラの場合、仮に相手チームを3キルしても、生き残った一人にガチヤグラの進行を妨害され続ければ、カウントを進めることはできない。

ガチエリアに必要なのは「人数優位」だが、

ガチヤグラでは「敵の攻撃の完全排除」が必要になる。

勝つためにすべきこと

塗り能力は直接的には勝利につながらない。

ガチヤグラで勝つためには敵をキルして、前線を押し上げていく意識が必要だと思われる。

ガチエリアでは、エリアの後方から塗りをするだけでもある程度の活躍になるのだが、ガチヤグラの場合、ガチヤグラの後方で塗りを固めたとしても、カウントを進行させることはできないだろう。(相手の進行を遅らせる効果はあるが…)

スーパージャンプの有効性

ガチヤグラが敵陣地へ進行していくほど、ヤグラは味方陣地から離れるので、デスからの復帰に時間がかかるようになっていく。

ヤグラが中央にある場合、デスからの復帰に「リスポーンまでの復活時間7.5秒+移動時間7.5秒」で「約15秒」かかるが、ヤグラが進行するほど「移動時間7.5秒」の時間は伸びていく。

攻め込むは攻め込むほど、自チームがデスから復活しづらくなるという仕組みが働くのである。

だが、その仕組は「スーパージャンプ」を使うことで無視することができる。

スーパージャンプは距離にかかわらず、常に同じ時間で移動することができる。

ヤグラが敵陣に攻めているとき程、スーパージャンプを使うべきだろう。

ギアには、スーパージャンプ短縮や、ステルスジャンプを入れるほうが良いと思われる。

勝つための工夫

最後に、上手いプレイヤーが行っている小さな工夫を挙げていく。

中央に戻るヤグラに、一瞬乗って数秒止める。

数秒間誰も乗らないと、ヤグラは中央位置に自動的に戻りはじめてしまう。

「敵陣地でヤグラに乗っていたが、敵に攻め込まれてヤグラから降りざるを得ない」というシチュエーションでも、タイミングをみて一瞬でもヤグラに乗れば、中央位置にヤグラが戻りださないので、カウントの優位をなるべく保つことができる。

ヤグラ乗りの引き継ぎ
ハイパープレッサーを打たれるなどして、ヤグラから降りざるを得ないときがある。
しかし、長時間ヤグラに誰もいないとヤグラカウントが戻ってしまうので、ハイパープレッサーでのダメージを仲間で分け合うように、代わり番こでヤグラに乗ることでカウントを保つことができる。
ヤグラはなるべく敵陣地へ維持する
序盤でヤグラのカウントに優位に立った場合、守りに徹するという選択肢もあるが、ヤグラカウントを優位に維持すれば逆転される可能性もないわけで、なるべく攻め続けたほうが良いようだ。

最後に

実戦は複雑なので簡単には勝てないだろうが、筆者は今挙げたことを意識して勝てるように模索していくつもりだ。

コメント