javaScriptでゲームを作れるようになる試み

6−13

localStorageを使って、ゲームデータを保存する流れを検証する。これは絶対的に必要なことだ。


6-14

Runstant上だと機能していたものが、それ以外だと機能しない。

NaNてこった。

今後はBracketsでコードやっていこうと思う。


6−16

これでええやろ

JavaScriptでデータの保存|teratail
var count1 = 0;counter();function counter(){ count1 += 1; save();}window.onload = function(){

を参考にした。


RPGアツマールに投稿することも出来た。

つまずいたポイントは、

  1. phina.jsをダウンロードしてゲームの同一フォルダに入れとかないと動かない。(index.htmlのphina.jsの読み込みアドレスも 「💩script src=’phina.min.js’></script💩」にした)。
  2. ゲームのフォルダの名前に全角文字があるとアップロードできない。

まあでも、これでゲームとしての体裁は整えられるようになってきたな。


6−21

多分だけど、ゲームがある水準に持っていける道筋が見えてきたから、現維持が発生したと思う。でもまあ全然やっていけるけどね。ちょっと現実逃避にブログ書いたり本読んだりしてただけ、でも現実逃避でも成長してるし、問題ないね。


6-22

もうこれゲームやろ。


6−23

避けるボタン2
思いたったらすぐ開発. プログラミングに革命を...

6-26

本の写経で無限にキレまくってた。本の最初から一巡ぐらいはやっても良いかもな。

6-27

Kindle Unlimitedにあった、

この本はいい感じだな。フレームワーク的な要素のあるゲームもあるので、phina.jsの使い方の雰囲気を学ぶにも良さそうだな。


7-8

ブラウザのデバッグ機能でのデバッグ

エラーが出た所にtweenの文字があったので、tweenの近くにミスが有った。そういう見方で修正できる。しかしエラーの出ない予想外の動作とかは頑張って修正するしか無いんだろうな。

コメント