松屋とマックが一番美味いよな

筆者は外食に行くと不安な気持ちになります。

 

それは不確定要素が多いからです。

不確定要素とは、

  1. どれだけ待たされるか分からない。
  2. 食べて満足できるか分からない。

ということです。

 

空腹は不快で、すぐにでも解消したいものです。

しかし、外食では注文からどれだけ待たされるか分からない。

だから不安になります。

 

さらに注文した料理で、満足出来るかが分かりません。

注文して待たされた挙げ句、その料理に満足できなかったときのことを考えると、

不安になります。

 

飲み会は不確定の極みのようなもので、

料理は変わり種が多いし、どれだけ待たされるかわからないし、同席者に状況は左右されるし、もしかしたら酒で気持ち悪くなるかもしれません。

不安になります。

 

松屋やマックは不確定要素が少ないので、とても癒やされます。

注文から出てくるまでの時間早くて安定しているし、味も安定しています。

注文はいつも同じものを頼みます。

松屋では牛めしを頼み、

マックでは、ハンバーガー2個とチキンクリスプ2個を頼みます。

注文内容がいつも同じなら、食後の自分の感情が想定内なので、

安心します。

 

しかし、マックや松屋でも完全ではありません。

店舗や時間帯によっては、待たされることもあります。

先日、松屋で単なる牛めしで長く待ったされたときは、松屋に対する期待の分、不安な気持ちになりました。

松屋で牛めしなのに、空腹で待たされるという状況は苦痛でした。

 

スーパーで弁当を買うのは非常に安心感があります。

目で見て、大体味も想像がつくし、

何より、それをいつ食べられるのかが完全に確定しています。

 

スーパーから家に帰り、そして食べる。

そこに時間的な不確定要素がないので、安心できます。

そう考えると、今すぐ食べたいというよりは、

いつ食べられるのかが未確定という状況が特に不快なのかもしれません。

 

それでもスーパーに買物に出かけるのは面倒なことです。

家の中に、大量におやつがあって、それだけで生きていければそれ以上のことはありません。

おやつなら、食べたいときにすぐ食べられるし、味も一定だからです。

しかし健康面で怪しいし、たまには温かいものが食べたくなると思います。

 

一番理想の食生活は、健康的でそれなりに美味しい料理が、玄関口から無言で投入されるという形です。

料理もいい感じにランダムだと飽きなくていいですね。

 

宅配でも良いんですが、まず自分で自発的に食べたいものを考えないといけないのが苦痛です。

勝手にいい感じなものを忖度してほしいです。

なおかつ、玄関口で受け取るときに人と接触したくないです。

不確定要素になるし、疲れるので。

 

そんな生活を実現したいなあ。

 

おわり

コメント