スプラ2でXランクになりたい

ウデマエXとは

筆者はスプラトゥーン2というゲームが好きだ。

スプラトゥーン2にはガチマッチという対戦モードがあって、その成績によってウデマエという称号が得られる。

ウデマエはC-からXまで20段階ある。

スプラトゥーン2 | Nintendo Switch | 任天堂
イカしたやつらがイカした進化!ガチで塗りあう時がきた!2017年7月21日(金)発売、Nintendo Switchソフト『スプラトゥーン2』の公式サイトです。

公式の情報によると、ウデマエXはアクティブユーザーの1%しか存在しないようだ。(画像でのS+10〜S+50がウデマエXにあたる)。

無職なのにゲーム下手とか、逆に何ならできるの?

筆者はウデマエXになりたいと思っている。

これには、スプラトゥーン2が好きだという気持ち以上に、ある意味の覚悟のようなものがある。

アクティブユーザーの上位1%になることは当然困難だと思うが、一つ重要なことは筆者は無職だということだ。

無職なので、どれだけでもゲームをする時間を取ることができる。

その限りなく恵まれた環境に置かれているにもかかわらず、自分がウデマエXになれなかったとしたらどうなるだろうか。

有利な状況であるのに成果が挙げられなければ、筆者が今後別のことでも何らかの成功を収める可能性は低いのではないだろうか。

「無職なのにスプラが弱い、逆に何ならできるのか?」

その問いに答えられなくなる。

もしウデマエXになれなければ、筆者は自己肯定感を失い、今後の人生で敗北を続けることだろう。

だからウデマエXになりたいのだ。

自分が、「有利な状況で、努力の結果、成果を出せること」を確認できなければ、生きていくことができない。

ウデマエって何?

ここで、そもそもウデマエとはどうすれば上がるのか?というのを考えていかなければならない。

筆者は今まで特に考えないでプレイしてきて、細かい仕様まで知らなかったので調べた。

 

大まかに説明すると、ウデマエというのは連続して勝てば上がり、連敗すれば下がる。

しかし、スプラトゥーン2は、ランダムに選ばれた4人のメンバーで戦うチーム戦なので、仮にどれだけ自分が上手くても負けることがある。

そのため一戦一戦の勝敗を気にするよりも、平均的な勝率をいかに上げるかを考える方が良い。

まず自分の勝率を把握するところから始めようと思い、ikawidget2というアプリをダウンロードした。

[関連記事]

スプラトゥーン2ガチマッチの戦績の統計を取る方法
ikaWidget2というアプリを使えば、スプラトゥーン2の戦績の統計情報を取得することができる。 i...

すると筆者の勝率は58%であることがわかった。

この勝率をどう分析するべきなのか、調べたら以下のページが出てきた。

ウデマエ昇格 維持降格
S+10勝7敗(5.9割)5勝8敗(3.8割)4勝8敗(3.3割)
S以下4勝8敗(3.3割)3勝8敗(2.7割)

ウデマエメーター0スタートが基準です。

ウデマエゲージをMAXにするためには12勝以上必要だったり、ウデマエが割れるまでに最短4敗で割れることもあります。

逆に、ゲージMAXまで8勝程度の場合があったり、割れるまで10敗以上しても平気な場合も少なからずあります。

そう言ったことから考えると、両チームのガチパワーに差が無ければ、この基準ぐらいが平均になってくると言うものです。

実際にはウデマエキープ時のボーナスゲージがあったりするので、ウデマエS+までなら平均勝率5割以上を維持できる人は上がれます。

ただ、ウデマエゲージの増減量はガチパワー差によって大きく変わるため、あくまでも、これは目安程度にしかなりません。

http://pvpgameblog.com/2017/12/24/post-3805/

ウデマエの判定には「ガチパワー」という隠しパラメーターが影響し、一概には言えないのだが、勝率が58%ということはウデマエが上がる余地があるということのようだった。

情報引用元の表を見て考えてみた。

ウデマエは「上がりづらく、下がりにくい」という特徴がある。

S+で言えば「勝率59%で昇格 勝率33%で降格」となっているようだ。(あくまで平均値)

ここで、筆者の勝率58%という数字を考えてみると「単純なプレイ時間不足」という現実が見えてくる。

プレイ数が少なく確率が収束していない

本来は、勝率が58%ならプレイを続ければ自然とウデマエが上がり、どこかのウデマエで周囲のプレイヤーに勝てなくなり、勝率は下がっていくはずだ。

勝率が58%と言ってもそれはあくまで過去139戦の平均である。

ウデマエは直近の10数戦の結果によって決まるので、偶然負けが混めば勝率が高くてもウデマエが下がることもある。

そういうわけで、勝率によって必ずウデマエが上がるわけではないのだが、長くプレイを続ければ確率上はウデマエは上がるはずだ

つまり、筆者はプレイ数が少なすぎて確率が収束せず、適正なウデマエまで上がっていないのだ。

プレイが下手とか上手いとかその以前に、そもそもプレイ時間が足りていないのだ。

 

まずは何も考えずに勝率が50%前後になるまで、がむしゃらにプレイをして行こうと思う。

戦略とかを考えるのはそれからでも良いと思う。

コメント